新規事業開発の実務

どうせすぐ忘れるんでしょ\(^o^)/

社畜の組織論

我々、企業で働く動物にとって、組織のレベルはとても大切だ。ざっくり以下のような段階がある。

 

社畜:管理が行き届いている状態

動物園:個性や多様性が認められている状態

サファリパーク:自律的な行動が認められている状態

野生:商いを通じて市場に没入している状態

 

動物にとって、社畜とはスタート地点であり、レベル1である。すべての動物はワイルドのために戦い、成長しなければならない。

 

入社した全ての動物たちに、「IDOM はなんてワイルドなんだ」と言われたい。

 

 

IDOMでいう ”動物” は、要するに中途の変人枠