新規事業開発の実務

水疱瘡まじこわい

これからは「ギルド型組織」がアツいと思う

f:id:naoto111:20190128194318j:plain

みなさんは、ゲーム以外で「ギルド」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。私の場合、年明けにSNSでこのノートがシェアされているのは結構目にしていた。

実のところ、私は昨年からこの「現代版ギルド」とでもいうものに興味を持ち、あれこれと調べているのだが、実はいろいろなところで同じ様な動きが起き始めているようなのだ。

「ギルド」とはなんなのか。現時点では「"関係性" を中心とした新しい組織のあり方」ではないかと考えている。まだ書けることは少ないが、整理・考察してみたので、興味のある方にはぜひご意見をいただきたいと思う。

 

本論に入るまでの前置きが長いので、急ぐ方は「ギルド型組織とはどんなものか」あたりからどうぞ。

 

現代に蘇る「ギルド」

この記事で扱う "現代版ギルド"、もしくは "ギルド型組織" というものに、まだこれという定義はないが、まずは「個人の自由や裁量を尊重しつつ、ひとつの団体として仕事をうけたりこなしたりする集団」くらいに思ってもらえればいい。イメージで言うと、従来型の「カイシャ組織」に比べてカチッとしてない、ゆるふわっとした組織だと捉えて欲しい。詳しくは後述するが、法律上「会社」なギルドも多いのであくまでイメージで。

一応、原義っぽいものはWikipediaから引用しておく。

ギルドGuildZunftArti)は、中世より近世にかけて西欧都市において商工業者の間で結成された各種の職業別組合商人ギルド・手工業ギルド(同職ギルド)などに区分される。一般に封建制における産物とされる。

 

ギルド型組織が、同時多発的に発生している 

調べてみると、"ユーザーの行動を設計するデザイナ" 深津 貴之さんが2013年に立ち上げた THE GUILD を皮切りに、大企業の中にギルド的な組織を志向した事業部が立ち上がったり、大企業から独立した個人が組織的なブランディングを仕掛けていたりと、同業種・異業種個人間の「重婚的組織形成」とでもいうべきものが、私の身の回りそこらじゅうで起こっている現実を目の当たりにした。

「重婚的」というのは冗談だが、個人事業主が複数の企業や団体に属したり、会社を経営している人が他の会社に所属したり、なんというか logical conjunction (AND) な感じなのだ。

 

参考 : ギルド型組織のイメージ

定義がないので分類も不可能なのだが、記事の内容を理解しやすくするため「ギルド型っぽい」組織をいくつか紹介したい。実は他にもたくさんあるのだが、こういうところに書いて問題なさそうなところ (ひどく怒られなさそうなところ) を無許可でピックアップした。

  •  UZUMAKI
  • web系の最前線で活躍するプロのエンジニアやデザイナー、ディレクターが所属しており、それぞれが、個人事業主や副業が許されている正社員。
  • ONNE / BizConcier
    デジタルマーケティングや事業開発のプロフェッショナルが所属。メンバーに重複があるため併記したがそれぞれ独立した組織である。組織を構成するのは個人や小規模法人など様々。

なお、本記事はこれら組織のビジョンや活動を示すものではなく、考察はすべて筆者の主観による「勝手なもの」であることをお断りしておく。

 

ギルド型組織とはどんなものか

様々な個人・法人へのヒアリングから、現時点では「ギルド型組織」というものを以下のように捉えている。これは、特定の団体を指していないし、パブリックな定義でもない、完全に個人的な捉え方だ。

【ギルド型組織】

ギルド型組織とは、市場に対してオープンな、束縛されることのないタレントによって構成された、関係性を軸とした人的集合体である。株式会社、合同会社、有限責任事業組合、または企業の一部門など多様な形態を取るが一様ではない。

中でも「オープン」「束縛されない」「関係性」という部分がポイントだと考えている。生煮えで非常に雑な切り口で恐縮だが、特徴的と考えている部分を以下に図示した。

f:id:naoto111:20190129075243p:plain

これらは検討中のものであるため、今後より適切な切り口があれば随時更新していきたい。

ギルド型組織の特徴について、以下でもう少し詳しく解説する。
 

ギルドは、縛らない 

冒頭で「重婚的」のような表現を使ったが、"組織が個人を縛らない" ことはギルド型組織の最大の特徴だ。ギルドのメンバーは、個人で仕事をしたり、他のギルドに所属したり、かなり自由な働き方を許容されている。

個人と組織の力関係が従来と逆転したかのような感覚を受ける。私は、この動きの背景には大きく以下の3つがあると考えている。

  1. 人口動態による若手人材の希少化
  2. テクノロジーを扱える個の生産性が飛躍的に増加
  3. ネットによるつながり構築・維持コストの無償化

このような環境下において、ギルド型組織は従来型組織の特徴である「終身雇用」や「経済的安定性」とは異なる価値を提供することで飛躍できる可能性を示唆している。

 

「異なる価値」とはなんだろうか。

 

ギルドは、市場から識別可能なビジネスマンで構成されている

ギルド型組織の中心メンバーは、顔や名前を出して仕事をしている。名前で検索すると何かしらヒットするような人たちだ。彼らは単にオープンであるだけでなく、オープンであることを武器として利用する。

ギルド型組織のメンバーは、ギルドによって個人事業主だったり、法人だったりと、さまざまである。逆に言えば、構成員が個人事業主であるか法人であるかは、彼らにとってあまり重要な意味を成さないのかもしれない。

「個人」と「ギルド型組織」の関係は業務委託が比較的多く、株式会社・LLC・LLPでは中心メンバーは株主/役員相当。先ほど「オープン」「識別可能」と書いたが、ギルド型組織の中でも前に出る、ロールモデルのような人物はボードメンバーが多い。ただ、一般的な会社組織より敷居は低く、流動的であるように感じた (LLCやLLPは特に)。

 

従来型組織とは異なるギルドの強力な提供価値のひとつめが「短い商流による、メンバーへの高い経済的還元」である。

 

ギルドは、個人とその関係性に中心を置く

ギルドは、「参加メンバー個々人間の関係性」や「組織とメンバーの関係性」を基本にしている。どのギルド型組織と会話しても、組織であることの規模的なメリットよりも、関係性を重視しているように感じる。

例えばIT業界でも、昔から首都圏コンピューター技術者組合 (現 : PE-BANK) や首都圏ソフトウェア協同組合など、個人事業主や中小法人の集まりはあった。彼らの提供価値は共同受注 (大きな仕事をみんなで請ける)、共同宣伝、確定申告代行や共済などの福利厚生、信頼性の担保など中小個人ではカバーできない機能を果たしてきた。先ほどの "規模的メリット" はつまりそういうことだ。

現代のギルド型組織も同業者や異業種の集まりとして前述のような組織であることの規模的なメリットは提供しているが、それ以上に "価値観" への共感、一緒に働きたい仲間としての "人柄" や "スキル" のアセスメントを非常に重視している点は大きな特徴である。

ここでいう "価値観" は、「世界をより良くしたい」という、ちょっと前に流行った壮大な "ビジョン" や "理念" というより、モノゴトや世界で起きる事象に対する感じ方や仕事の流儀といった、もっと身近なものである。同じものを見て同じように楽しみ、憤り、変えていきたいと思う。そういう感性の共有を彼らは大切にする。

 

従来型組織とは異なるギルドの強力な提供価値、ふたつめは「高次元かつ重複的関係構築がもたらすコミュニケーションコストの排除」である。

 

ギルドは、持続的な関係性の中で個にアセスメントを与える

「"価値観" 、"人柄" はわかるがスキルは関係性ではないのではないか」と感じる方がいるかもしれないが、そうでもない。いまギルド型組織が勃興しているエンジニアリングやデザイン、マーケティングといった領域では知識レベルを定量化することは容易だが、スキルレベルを定量化することは難しく、「あいつはこの分野に強い」「私はこういった流派だ」というように組織の中で相対的に評価することがわかりやすい。逆に組織に所属していないビジネスマンは、クライアントからすると自己申告と実績だけでしか評価できない。実績が公開されていないと怖くて発注できないし、実績の評価も過去クライアントとの相性によって揺らぐので必ずしも正しい指標とは言えないだろう。

その意味で、ギルド型組織は、組織と個人の持続的なつながりによって個人のアセスメントを分散ネットワーク的に担保できると言える。

 

クライアントサイドにとっての価値

このような組織は、発注側にとってどのような価値があるのだろうか。簡単にまとめておく。

  • 信頼性
    前述のアセスメント効果により、個人に頼むよりは人材の質を想像しやすい。また、ギルド型組織の多くは会社や団体といった形態をとっているため契約やコンプライアンスの面でも使いやすい。
  • 視認性
    ギルド型組織は個々人がばらばらになっているより見つけやすい。また、統一的なブランディングがなされており、目的にあったチームかどうかを確認しやすい。
  • 流動性
    多くのギルドにはチームをコーディネートする機能が備わっている。ギルドは、クライアントの目的に応じて構成メンバーや外部人材をアサインし、適切なチームを組成する。発注サイドがコンサルティングやプログラミング、デザインといった機能別に会社を選定し発注するのに比べて簡単にチームを組成できる。

これらは、ギルドが持つ「関係性」や「自由」 といった本質的な力によってもたらされる。いずれの面も、動的個人と静的従来型の静的会社組織の中間に位置する特徴的な機能だと考えている。

 

ギルドに興味を持ったきっかけ

きっかけは、前職からの友人であり、現在もパートナーであるTOP GATEの加藤代表から「Team Guild という合同会社を立ち上げた」という話を聞いたことである。そのキャプチャを以下に貼り付ける。リンク先にはスキームの概要が記載されているので、興味のある方はご覧いただきたい。

f:id:naoto111:20190128154014p:plain

Team Guild のWEBサイト

「正社員でもなく、ただのフリーランスでもなく、自由だけど仲間がいる」というコピーに、なんとなく心を惹かれた。

自分自身が2018年6月で一部上場企業を退職してフリーランスになったばかりで、"自由" という単語に敏感だったこともあり、「参加される方に対して決して自由を奪いません。参加しつつ他の場所で働く事も、働かない事も自由です。しかし、自由でありながらも、仲間を得る事が出来ます。」という謳い文句は魅力的に映った。

加えて、大企業や未上場のベンチャー企業、学生スタートアップなど多様なフェーズの企業に所属してきた経験から「これからの組織のあり方」に関心があった。少子化で人的リソースが希少化する中、加速度的に変化のスピード感を増す市場の中で生き抜いていくための組織としての最適解は何だろうか、という漠然とした好奇心だ。

 

ランサーズとの取り組み

(この章はPR寄りです)

個人単独よりは公共性があり、いわゆる「カイシャ」より自由。

そんな「ギルド型組織」の存在や、それを支える「関係性」が、個と企業との関係をもっとなめらかに、そしてアクティブにしてくれるのではないか。

ランサーズと取り組んでいる、「社内リソースで解決できない課題を抱えるエンタープライズなプロジェクトと、高い専門性を持つフリーランスとのコラボレーション創発」プロジェクトは、そんな想像から生まれたものだ。

組織というものは、ともすれば再現性を求めるあまり個人を型にはめがちで、それゆえに市場の変化への柔軟性を犠牲にしてしまうこともある。変化のスピードが早い現代に適応できる新しい組織のあり方を、厳格なルールではなく、関係性によってしなやかに形を変えるギルド型組織は、経済的・精神的・技術的に、深く複雑に環境に適応している。

このような組織のあり方を応援することで、個のポテンシャルにより大きなレバレッジをかけ、社会・経済に貢献する。そんなことができたらすばらしい。

 

Photo by rawpixel on Unsplash